パッカー車の概要と性能

誰もがお世話になっているパッカー車

パッカー車ってあまり聞いたことがない人が多いでしょう。自動車であることは想像がつきますが、いったいどのような車なのでしょうか。今回はパッカー車のついてご紹介しますので参考にしてみてください。

パッカー車ってなに?

パッカー車とは、物を詰め込む機会が装着された車のことです。日本で具体的に一例を挙げてみると、ゴミ収集車が挙げられます。
もともと、パッカーとは、「梱包する」や「包み込む」などの意味を持っています。つまり、ゴミ収集車においては、ゴミを積み込んで持って行ってくれるものなのです。パッカー車には、荷物室の後ろに回転駆動部分があり、ゴミを荷室の中に小さくして押し込む機能が搭載されています。また、収集したゴミをゴミ収集場に置くために、後部が大きく開くようにもなっています。
ちなみに、アメリカには「パッカー」という自動車メーカーがありトラックを専門に開発しています。そのラインナップの中にもゴミ収集車があり、それも由来となってゴミ収集車のことがパッカー車と言われるようになったのです。

パッカー車の一般的な性能は?

パッカー車は日頃頻繁に見かける車ですが、その性能を知る人はあまりいません。
その内部構造は大きく分けて、「プレス式」と「回転板式」、「荷箱回転式」の3種類があります。
プレス式は、ゴミを一時的に入れるタンク内のゴミを、タンクの底部と前壁で2段階に分けて圧縮するため、冷蔵庫や家具さえも粉砕するパワーがあります。
回転板式は、圧縮とかき込みが2枚別々のプレートによって行われれるタイプです。回転板にて書き上げたゴミを、押し出していたにてボディーに一気に押し込みます。プレス式と比較すると圧縮力は弱めに設計されていて、日本では可燃ゴミなどの収集にて使用されています。
荷箱回転式は、別名ロータリー式とも呼ばれていて、円形の回転ドラムを回転させながらゴミを巻き込み、積み込みます。他の方式よりも生記載能力が劣るため日本ではあまり見かけることはありません。

最新のパッカー車は?

パッカーの車も日々進化をしています。毎日走り回る車ですので、真っ先に考慮されたのは環境問題への取り組みです。これまで、パッカー車はディーゼル車が多かったですが、徐々にハイブリッド車や電気自動車への置き換えが始まっています。
特に電気自動車では、ゴミを焼却した熱を利用して電気を充電するなど、エネルギーの再利用化なども行われています。
また、最近ではモリタエコノスというメーカーが、近未来的なパッカーの車を発表しました。この会社は、消防車のシェアでは世界のトップブランドです。この車は、従来よりもごみの圧縮率を高めるなど基本性能を向上させると同時に、テールランプをハイマウント化するなど、安全性を確保しながらも、近未来的なデザインを実現しています。