パッカー車の特徴

パッカー車の社会的な役割と地域別の就職方法

日々の生活で当たり前のように見かけることの多いパッカー車ですが、地域によって働き方も違えば車の種類で備えている機能も異なるのです。今回は、パッカー車の社会における役割や就職するために必要な資格などについてご紹介します。

パッカー車の由来と主な役割

一般的にパッカー車という言葉は聞きなれない人も多く、名前からどんな車なのか想像できないという人も少なくありません。パッカー車とは日本では主にゴミ収集車と呼ばれている車の別名です。パッカー車の名前の由来は英語のPACK(物を詰め込む、入れる)から来ているとされています。パッカー車の基本的な仕事は家庭で出るゴミや産業廃棄物の回収です。
パッカー車は2tと4tの2種類に分けられていますが、日常生活の中で街中で見かけるのは比較的2t車が多いといえます。パッカーの車は見た目は小さく見えますが、そのサイズとは裏腹に内部でゴミを圧縮することができる構造によっておよそ900個分のゴミを回収することができる優れものです。

パッカー車の構造の違いとそれぞれのメリット

一口にパッカーの車といってもいくつかの構造の物に分けられていて、それぞれ機能が異なります。その中でも最も一般的とされるのが回転式です。日常で家庭用のゴミを回収しているパッカー車はこの構造になっていて、回転板によってゴミをトラックの内部に引き込んで中で圧縮します。
プレス式のパッカー車は、タンク内に設置されている板と底部の2つの工程を経てゴミを圧縮することができるので、一般ゴミだけでなく冷蔵庫などの電化製品や家具なども圧縮できるというメリットがあります。
最後はロータリー式という荷台が回転するタイプのパッカー車です。こちらは荷台の内部に設置されているドラムの回転によってゴミの引き込みと圧縮を行います。このタイプはゴミから出される汚水などを撒き散らさないで済むというのが利点です。

パッカー車を運転するための資格と仕事を探すコツ

パッカーの車によるゴミの回収業務はそれぞれの地域によって雇用形態が異なっていて、専門業者に雇用される公務員が行っている場合もあれば民間の業者が行っているケースもあります。もしゴミの収集の仕事に就きたいと考えている人は、事前に自分の住んでいる地域がどういった方法で行っているのかを調べることが重要です。公務員が行っている地域では公務員試験に採用することが必須となりますが、民間業者であればハローワークなどの求人で募集をしていることも少なくありません。パッカー車は2t、4tが基本の大きさになるので普通免許さえ所持していれば運転は可能です。
ごみ収集の仕事は肉体労働の中でも比較的きついとされる部類に入る反面、仕事が早く終わったり一般的な仕事より高級が期待できるというメリットもあります。